ニキビの跡のケア|タイプによって異なる洗顔石鹸の効果|人気ランキング上位の石鹸
女の人

タイプによって異なる洗顔石鹸の効果|人気ランキング上位の石鹸

ニキビの跡のケア

目を閉じる婦人

積極的なアプローチが有効

ニキビ跡は、積極的にアプローチすることで、改善することができるケースがあります。ニキビ跡には、色素沈着タイプとクレータータイプがあり、色素沈着タイプであれば治る可能性は十分にあります。色素沈着は、炎症の後の赤黒い跡がのこるもので、これはターンオーバーを促したりホワイトニングをすることで改善させることができます。よくある、ニキビ跡用の化粧品は、たいていホワイトニング作用やターンオーバーを促すためのピーリング作用があります。一方クレーター状の跡については色素沈着よりも治るまでに時間がかかります。これは、肌表面が傷ついてしまっているためで、それでもケミカルピーリングやレーザー治療などで徐々に解消させることができます。

紫外線に注意が必要

ニキビができてしまった場合はつぶさないように注意することが必要です。ニキビができると、つぶしたりいじったりしたくなりますが、つぶしたり傷つけたりすると肌を傷つけてしまい、消えない跡が残ってしまうケースがあります。ニキビができてもコンシーラーなどを付けて気にせず、適切なニキビケアをしていれば数日でなおりますので、いじらないことが大切です。ニキビ跡のケアは、重度のものの場合美容外科のレーザーやケミカルピーリングが有効です。特にレーザーは肌のへこんだ部分を少しずつ改善させることが期待できます。ケミカルピーリングも、肌の再生をうながすため、ニキビ跡に有効です。紫外線に当たるのも良くありませんので、しっかりUVケアをする必要があります。様々な方法があるので、自分の肌状態に応じてケアしていきましょう。